スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなし 

カテゴリ:

山道に灯る小さな明かりに吸い寄せられて、僕はそれを覗き込んだ。
柔らかい電灯の広がるバスの中には、乗客を待つ運転手がひとり。
静かな夜の停留所から、僕を乗せた箱が走り出した。

ゆっくりと回る、車輪の振動。
運転手の手とハンドルが擦れる音が、心地良い。
無言のふたり。
山道を進む。
柔らかな光は流れていく。

「よいしょ」
ときおり聞こえる運転手の声。
一晩寝かせたカレーのような、どこか優しいそれに聞き惚れてしまう。

次の停留所で降りるとしよう。
すこし遠くまで来すぎてしまった。

夜の小さなバスの中で、合図のボタンを軽く押す。
運賃を手渡して頭を下げ、僕は闇に降りていく。
振り返ってもう一度、運転手に頭を下げ、去った。


ひとりだけの乗客が降りた後の話。
手に残された小石を見つめて、残された車内のひとりは少し笑った。

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学

コメント

(無題)

>手とハンドルが擦れる音が、心地良い
シュ。シュ。シュシュー。

運転手の匂い。車にしみついた客の匂い。
それをつつむ夜のネオンの匂い。
すべてがあなたの匂いになる。





プ~ン

≫やなせくん

>(無題)
ああ、あなたの詩ですねw

>すべてがあなたの匂いになる。
不思議な感覚。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。