スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳、男、思った 

カテゴリ:雑記

アメリカで「銃乱射事件」があったねえ。
テレビニュースとか新聞とかで、毎日とりあげられてますねえ。

でね。
犯人の学生について「孤独な人だった」とかのコメントが、某チャンネルで放送されてたんさ。

そん中で、


「容疑者の学生が書いたという『映画のシナリオ』です。

 残酷な殺害シーンや、○○を口汚くののしるシーンがあって

 これを読むと、彼が病的だったことがわかります」


みたいなこと言ってたんです。
一字一句覚えてるわけじゃないけど、こんな感じ。うん。


じゃあさ、じゃあさ!
推理小説家は、全員「病的」なのですか?
映画の脚本だって「創作」でしょうに。
表現の自由は、アメリカでは尊重されないのですか。初めて知りました。

まったく。
そういうストーリーを書く作家に憧れてたのかも知れないじゃん!


犯行の善し悪しには触れないで(善いわけないけどね)、
今日はちょっと、容疑者のすべてを否定する報道にあきれました。


おーわり。

テーマ : どうでもいいこと。 ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。