スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴の木曜日 

カテゴリ:

普段は決して聞こえない
綺麗な音が聞こえたとき
すぐに駆けつけないといけないよ

疲れているときならきっと
ベッドで半日眠ったくらい
気持ちよくなってしまうんだ

小さな小さな鈴の音
空気はきっと震えていないけど
伝わってくる 鈴の音

愛する人と触れ合ってるときは
仲良く鈴を探しにおいで
優しい気持ちにしてあげる

こどもにもきっと聞こえるよ
夢をいっぱい抱えた小さな人
もっといっぱい夢をあげる

小さな小さな鈴の音
空気はきっと震えていないけど
染み込んでくる 鈴の音

テーマ : ジャンル : 小説・文学

即興の物語 

カテゴリ:

むかしむかし、
といっても、ほんの数年前、

あるところに、
といっても、まあ、そこらへんに、

とってもいぢわるなおじいさんと、
とってもいぢわるなおじさんと、
とってもいぢわるなおっさんと、
とってもいぢわるな会社員と、
とってもいぢわるな男子高校生と、
とってもアレな少年が暮らしていました。

6人は同じ屋根の下で、
あんなこと(食事)したりアンナコト(洗濯)したり、
さらにはこんなこと(掃除)やコンナコト(就寝)までしていました。

とってもいぢわるな5人とアレな1人でしたが、
意外なことに喧嘩は起こらず、つまらないくらい平和な日々を送っていました。

しかし、
そう、あれは忘れもしない・・・えっと・・・
そう、あれは忘れてしまったけど、夏だか冬だかのある日!

空から1億円が、
1億円分のアレが、10円玉が、降ってきたのです!

異常気象っていうか、もう夢の世界並みの椿事椿事。
驚いた6人は、とりあえず逃げようとしました。
だって痛いんだもん。マリオじゃあるまいし。

隣町に入ると、そこかしこに1円玉の雨でアルミ溜まりができていました。
どうやら隣町には、1円玉が降り注いだようです。
誰が数えたか知りませんが、公式発表によると1億4598万2344円分だったそうです。
絶対テキトーです。ったく。政府め。

閑話休題。

隣町のスーパーマーケットに逃げ込んだ6人は、
ついでだついでだ、と夕飯の材料を買い込むことにしました。

ジャンケンで、メニューは麻婆豆腐に、
作るのは男子高校生に決まりました。ちなみに後出しジャンケン。

材料をかごに入れ、いざ支払いの段になって、
なぜかたまたま、そのスーパーが「倍額の日」だったので、
6人が共同で使っている財布の中身が、ぎりぎり足りなくなってしましましま(噛んじゃった)・・・しまいました。

そう。
もうおわかりですね。

10円、足らなかったんです。
どうして、どうしてあの時、10円玉を1枚でも拾おうとしなかったのでしょうか。

他の5人は、男子高校生をなじりました。
スーパーの外で拾った1円玉を、1人2枚投げつけました。

男子高校生は、
みんなの優しさに、涙が、涙が、止まりませんでした。



めでたしめでたし。

テーマ : 高校生日記 ジャンル : 日記

壊*2 

カテゴリ:

夜行性の彼が僕を誘う
惹かれてしまうのは
僕が弱いからかな
夜の世界に浸り始めた証かな

夜の光が飢えを鎮める
収まっていくのは
気持ちが良いけど
少し気味が悪くて否定したい

夜中の鴉を捕まえる
見つけ出す力に脅えた
自分を否定し尽した
何処へも行けないんだね


―――

病んでないぜ、ベイビー★

テーマ : 高校生日記 ジャンル : 日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。